トップ 時計ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

時計ナビ時計を選ぶ > 自分にぴったりの時計を選ぶ方法 1

自分にぴったりの時計を選ぶ方法 1

自分にぴったりの時計を選ぶ方法 1の画像

時計を選ぶのはなかなか大変かも知れません。時計好きな人であれば、調べれば調べるほど、知れば知るほど欲しい時計が増えてしまうことでしょう。それが高じてコレクターとなってしまう人もいますが、高価なものも数多い腕時計ですから、誰もが夢を叶えられるとは限りません。

とりあえずは毎日身につけて心地よく過ごすことのできる自分にぴったりの時計を探すポイントにはどのようなものがあるのか少し調べてみましょう。時計、特に機械式の腕時計の高級なものの値段はまさしく天井知らずですが、高い腕時計でなければよい時計がないというわけではもちろんありません。たとえ知名度は低くても、よい時計というのは世の中にはたくさんあるものなのです。

最近では手頃な値段で性能もよく、デザイン性にも優れている、サルヴァトーレ・マーラやガルーチといった時計にも人気が集まっていますね。普通、時計を選ぶ際には予算というものがあるものですが、その中でとりあえず高いものを、と考えるよりは自分にあったものを選ぼうと考えるほうが、よい結果を生みやすいかも知れません。

現実的に考えると、例えばベルトは革か金属製か、というポイントがあります。革のベルトは柔らかくて心地よいものですが、汗や汚れを吸収してしまう性質があるため、お手入れを定期的に行う必要があります。金属のベルトはその点気軽ではありますが、材質によってはかぶれを起こすことがあるなど、肌の弱い人には不向きかもしれませんから、金属アレルギーを持つ人はよく検討する必要があるでしょう。汗をかきやすい季節には金属、寒い時期には革ベルトとベルトを付け替えたり、時計を代えたりして楽しむ人もいます。

また時計の構造によってもお手入れの方法は異なります。機械式の滴間時計は高価ですばらしいものも多い反面、毎日使うのであれば正しく巻き取りをする必要があります。一方、現在主流のクォーツ時計は毎日の手入れは必要ないものの、数年に一度の電池交換が必須なものがほとんどです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


時計ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 時計のお手入れ

お気に入りの時計は長く使いたいものですね。よい時計であればなおさら、そうでなくてもお気に入りであれば愛情を込めてお手入れをしてやることで時計はいつまでも動き続けてくれるはずです。そのためにはまず、購入したときから心がけておきたいことがあります。買ったときについて来た箱や保証書、取扱説明書、タグなどの保管をしておくことです。これらは高価な時計であれば特に大切な作業です。故障した際の修理や部品交換の際に必要な場合もありますし、何らかの事情で手放すことになったときに、時計の価値を

時計ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。