トップ 時計ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

時計ナビ生活に欠かせない時計たち > いろいろな腕時計

いろいろな腕時計

いろいろな腕時計の画像

腕時計はその技術と同じく、機能の面から見ても興味深いものがたくさんありますね。ただ時間を知らせるに留まらない、腕時計のいろいろな機能に付いてみてみましょう。

腕時計の機能としては需要も高く、装備されている腕時計も多い機能といえば防水仕様でしょう。これは腕時計のムーブメントを保護するためのケースが装備されている腕時計です。最近ではとりたてて「防水腕時計」と売り出すことはなくとも、通常の腕時計にも何らかの形で防水加工が施されているものが多いようです。しかし腕時計を購入する際に気をつけておきたいのは、単に防水仕様と言っても、そのレベルにはいろいろと違いがあるということです。腕時計の防水のレベルを知るためには気圧、または水深の価を確認しなければなりません。

少し雨に濡れたり、キッチンや洗面台で多少の水がかかる程度、という日常生活防水では3-5気圧防水となり、プールで泳いだり海で潜水しても大丈夫なほどの防水力が欲しければ10-20気圧防水のある腕時計を選ぶ必要があります。また特に防水力の高い時計ほど、メンテナンスの必要があることは知っておく必要があるかも知れません。

歴史上はじめて登場した腕時計は高貴な女性のブレスレットのひとつとしてつくられたそうですが、現在でも高級な腕時計には、宝飾品としての価値も充分に備えた腕時計がたくさん作られています。金やダイヤ、ルビー、エメラルドといった貴金属や宝石をふんだんにあしらうなど、ものによっては数億円をくだらない価値を持つ腕時計も存在しています。宝飾的な腕時計もよいけれど、時計らしく、その機能の充実ぶりに心引かれる、という人も少なくありません。

このようなタイプの人には複雑時計と呼ばれる腕時計はことのほか魅力的に映るに違いありません。時刻表示に加えて、月の満ち欠けやカレンダー、アラームなど、一つの時計に様々な機能がぎっしり詰まったアナログ時計です。デジタル時計であれば当たり前についているような機能であっても、アナログで実装するためには大変高度な技術を必要としたり、世界でも数人の時計職人にしか実現させることのできない、トゥールビヨンと呼ばれる重力による誤差の補正機能などもあります。



スポンサー広告

ネットショップ広告


時計ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 腕時計の歴史2

男性の携帯する時計といえば懐中時計、という時期は長い間続いていました。現在でも、紳士、という言葉にはシルクハットをかぶってステッキか細長い雨傘を持ち、時々チョッキのポケットから金の懐中時計を取り出して時間を確認する、というかつての欧米の中流階級以上に属する白人男性をイメージさせるものがあります。 しかしこれも第一次世界大戦が勃発するまでのことで、これ以降、携帯時計といえば男女問わず腕時計となり、たくさんいた懐中時計職人や懐中時計メーカーも次々に腕時計の制作を始めるようになり

時計ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。