トップ 時計ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

時計ナビ生活に欠かせない時計たち > 腕時計の現在

腕時計の現在

腕時計の現在の画像

現在の腕時計に利用されている技術を少し覗いてみましょう。機械式腕時計には振り子ではなくテンプが組み込まれていますが、このテンプの振動が高ければ高いほど時計の精度、性能は高くなります。機械式腕時計の値段がまちまちなのはこのテンプの振動数の違いに依るところも大きく、例えば普通のクラスの腕時計の場合、テンプの振動数は一秒間に4回から5回ほどですが、高級な腕時計となると1秒間に8から10回の振動を起こします。

優れた高級腕時計を生産しているメーカーが多いことでも良く知られるスイス製の腕時計にはこのハイビートなテンプを利用したものが多く、国産の腕時計もやはり高級品はハイビートを利用しているものがほとんどですが、ただし時計の耐久性の面から見た場合は、振動数の多い腕時計は疲労が早まるため不利だとも言われています。

動力を小型電池から得る腕時計は、内蔵された小型モーターで動く仕組みになっており、初めて世の中に登場したのは1957年、アメリカのハミルトンによるものでした。技術的な改良は様々に加えられているものの、小型のボタン型電池を使う腕時計は現在でも多く利用されています。腕時計には音叉式の振動で動くものもあり、これは1960年、アメリカのブローバから登場しました。音叉式の腕時計はごく小さな音叉が2つ内蔵されているもので、電池を動力として一定の間隔で振動を得ることができます。

現在主流となっているクォーツ時計以前としては最高の精度を持った時計のシステムでした。しかしブローバが市場開拓にあまり積極的でなかったことから20年に満たずに生産が終了されてしまいました。この音叉式の腕時計にハッパをかけられた形となり、日本のセイコーは新たな腕時計の技術開発に取り組みます。

そして1969年に登場したのが、水晶の振動を利用した世界初のクォーツ腕時計、アストロンでした。水晶を振動させて時間を計る、という原理は以前にもなかったわけではないのですが、天文台などに設置される大型の時計が存在するばかりで、腕時計ほどのごく小さな時計で実現させたのはこれが初めてだったのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


時計ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 時計の歴史 2

現在に繋がる時計の仕組みの元祖とも言えるゼンマイが発明されたのは1510年頃、ドイツのニュルンベルクでのことです。発明したのは錠前職人のピーター・ヘンラインでした。それから数十年後の1583年、かのガリレオ・ガリレイが振り子の周期が振幅にかかわらず一定であることを発見し、振り子を利用した時計のアイデアにたどり着きます。 ただしガリレオは振り子を自身で制作することはなく、振り子を利用した時計が世に現れたのは1657年になってからのことで、振り子に動力を与える方法を発明したクリ

時計ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。